So-net無料ブログ作成
検索選択

首相動静(4月22日)(時事通信)

 午前8時現在、公邸。朝の来客なし。
 午前8時53分、公邸発。「高速新料金の見直しだが」に「建設と割り引きはそのままで、無料化の方向と矛盾しない形で決着したい」。同55分、官邸着。同58分、執務室へ。
 午前10時55分から同11時38分まで、ウズベキスタンのガニエフ副首相が表敬。中山義活首相補佐官、西村智奈美外務政務官が同席。
 午前11時39分から午後0時まで、班目春樹、鈴木篤之新旧原子力安全委員会委員長。同2分から同7分まで、前原誠司国土交通相、平野博文、松井孝治正副官房長官。同23分、執務室を出て首相会議室へ。同44分、同室を出て執務室へ。
 午後0時50分、執務室を出て、同51分、官邸発。同53分、国会着。同54分、衆院議長応接室へ。同1時、同室を出て衆院本会議場へ。同2分、衆院本会議開会。
 午後2時34分、衆院本会議散会。同35分、衆院本会議場を出て、同36分、国会発。同37分、官邸着。同38分、執務室へ。
 午後3時9分から同31分まで、本岡昭次元参院副議長。
 午後3時32分から同49分まで、原口一博総務相、逢坂誠二首相補佐官。
 午後4時1分、執務室を出て、同2分、特別応接室へ。シンガポールのゴー・チョクトン上級相が表敬。松野頼久官房副長官同席。同22分、同室を出て、同23分、執務室へ。同26分、北沢俊美防衛相が入った。
 午後5時12分、北沢氏が出た。
 午後5時13分から同20分まで、浜野潤内閣府事務次官。
 午後5時21分から同33分まで、岡田克也外相、小田部陽一外務審議官。同34分、執務室を出て、同35分、大会議室へ。国と地方の協議に出席し、あいさつ。
 午後6時9分、大会議室を出て、同10分、執務室へ。同24分から同37分まで、植松信一内閣情報官。同50分、執務室を出て、同52分から同59分まで、小ホールで報道各社のインタビュー。「高速道路料金を見直さないのか」に「現時点では見直さない。国会の審議で決めてもらう」。同7時2分、官邸発。同4分、公邸着。民主党の輿石東参院議員会長、高嶋良充参院幹事長、平田健二参院国対委員長らとの懇談。
 午後8時56分、全員出た。
 23日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

酒気帯びでタクシーと衝突 運転の男逮捕(産経新聞)
<舛添新党>23日の旗揚げ 改革クラブの党名を変更(毎日新聞)
地域政党 「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)
山崎さんシャトルの鮮明な写真=宇宙基地離れる際撮影−野口さん(時事通信)
国会審議踏まえ判断=高速新料金見直しで−鳩山首相(時事通信)

「新ねじれ」の実現で参院選後は政界再編?(産経新聞)

 政権運営でもたつく鳩山政権の支持率が一段と低下し、野党・自民党からは離党者が出て新党「たちあがれ日本」が結成されるなど、政界の動揺は広がっている。そんな中、夏に行われる参院選で、与党が過半数割れを起こす衆参「新ねじれ」が実現すれば、「政界再編がわき起こる」と見る向きがある。だが、そうした事態に立ち至っても、民主、自民両党入り乱れての本格的な再編劇にはつながらず、野党の一部が与党の補完勢力として、政権運営に参画する限定的な“騒ぎ”で幕引きとなりそうだ。

 民主党は現在、参院の総定数242に対し、115議席(会派離脱中の江田五月議長を含む)を有している。このうち、非改選議員は62なので、単独で過半数を占めるには、60議席以上の議席が必要となり、圧勝した平成19年の参院選と同レベルの選挙戦を強いられる。

 19年選挙で29の1人区のうち、約20選挙区で勝利。2人区は、すべて与野党で1議席ずつ分け合ったため、1人区での選挙結果が大勢を決した。この結果、自民党は、連立相手の公明党と合わせても過半数を確保できず、ねじれ国会が現実化し、政権交代の誘因となった。

 「政治とカネ」問題で鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長が世論の批判にさらされ、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題では、迷走につぐ迷走を重ねる鳩山政権の支持率は急落しており、民主党には「1人区で当選が確実に見込めるのは、民主党の地盤が強固な岩手や三重など10選挙区ほど」(幹部)との危機感が増幅している。

 この「走り書き」でもかつて書いたように、「内閣改造・党役員人事を行って、支持率アップを図るしかない」(同党関係者)という切実な危機感は、日増しに強まっている。すでに鳩山首相の退陣論もささやかれているありさまだ。

 「新ねじれ」が現実化しても、民主党は、連立相手の社民、国民新両党とあわせて、かろうじて衆院で3分の2以上の勢力を確保しているため、参院で否決された法案を衆院で再議決し、可決・成立させることは可能だ。衆院通過後、60日が経過すれば、参院が否決したとみなし、再議決することもできる。

 だが、安倍晋三、福田康夫、麻生太郎3元首相の自民党政権下で繰り広げられた国会での混乱ぶりを思い浮かべるまでもなく、政権の屋台骨は揺らぐ。野党が首相問責決議案などを繰り出してくれば、政権のダメージは計り知れない。

 10日に結成された新党・たちあがれは結党趣意書で、「打倒民主党」「日本復活」「政界再編」の3つを「使命」に掲げた。与謝野馨共同代表は記者会見で、「『反民主、非自民』として国民のために戦いたい」と語り、第三極を結集し、政界再編への意気込みを示した。だが、その道筋はあいまいとしており、成否も予測できない。

 再編論を持ち出すのは、野党側に目立っており、そうした事態を見越したうえで、あれやこれやとシナリオを描いている。

 もっとも、19年選挙を除き、過去2回(元年、10年)みられた自民党政権下でのねじれ現象後のいきさつを振り返ると、民主党が分裂することはなさそうだ。いずれのときも、自民党は野党の一部と手を組み、急場をしのいできた。10年の参院選後、自由党党首として政権入りした小沢氏も、自民党に手を突っ込んで再編に持ち込もうとしたが、逆に自由党分裂の痛手を被っている。

 過半数割れした民主党はどう出るか。ある自民党幹部はこう予想する。

 「すでに年金問題などで野党に呼びかけている与野党協議を正式に申し入れてくるのではないか」

 この読みには、協議会でのやり取りで年金問題の制度設計を進める背後で、寄り合い所帯の民主党が足並みを乱し、再編論に火がつくという「裏の見立て」がある。もっとも、公明党などがあっさりと民主党と折り合えば、自民党は孤立するだけで、連立政権の枠組みを存続していても、民主党は衆参で事実上の過半数を確保できる公算が大きい。

 子ども手当法や高校無償化法をめぐり、民主党が公明党の修正要求を受け入れて接近していることも、参院選後を見据えた「地ならし」との思惑がうかがえる。

 野党の悲哀にさらされている自民党がさらに分裂し、一部勢力が民主党にすり寄る局面も出てくるかもしれない。約50人いる衆院当選1〜4回生には、野党生活の憂き目に耐えかね、民主党が手を差し出せば、すぐにでも応じかねない。

 自民党若手を訪ねた際に、こんな苦しい胸の内を漏らされた。

 「野党になって、霞が関(中央省庁)が距離を置いているから、情報が枯渇している。このままでは何のために政治家になったのか。仲間と意見交換しているが、いざとなれば、30人くらいの同士を募ることはできる」

 民主党の反小沢勢力が、小沢氏の「政治とカネ」問題や、強権的とされる政治手法など「小沢的なるもの」と決別し、新党・たちあがれや自民党の一部などによる「小沢抜き」の巨大新党が誕生する芽はないか。

 「反小沢」の民主党幹部は「政権党からの離脱は考えない。新党・たちあがれなどが民主党入りし、小沢氏グループが飛び出してくれれば、最高の流れだ」と語る。民主党の党内政局は、激しさを燃すだろうが、政権党のうまみをなげうって「危ない賭」に出る民主議員など出てこないと見るべきだろう。

 それにしても、二大政党制下で初めて実現した政権交代から1年も経過しないのに、参院選をめぐり、こうした話題がささやかれる政治家の気の早さには、どこか矜持(きようじ)の欠落を感じるのである。

【関連記事】
参院選後「政界再編ビッグチャンス」 みんなの党・渡辺代表
民主、地方選で苦戦続き 支持率“危険水域”20%台突入
打倒民主で政界再編 新党「たちあがれ日本」旗揚げ
石原氏「民主党はみんな腰抜け」
平沼氏「民主党政権はこの国をダメにする」
外国人地方参政権問題に一石

<チリ大地震>中部沿岸部で津波4時間以上 早大調査で確認(毎日新聞)
「首相は外交下手」社民政審会長(産経新聞)
<風俗営業違反>検挙件数09年9.3%減、3年連続で減少(毎日新聞)
反民主で新党連帯を=略称「日本」使用では反論−石原都知事(時事通信)
会社員の男ら4人逮捕=遺棄容疑、3人不明事件−長野県警(時事通信)

神戸の教会関連施設に消火器投げ込まれる(読売新聞)

 18日午前6時55分頃、神戸市中央区中島通のプロテスタント系教会の関連施設「神戸ルーテル聖書学院」で、1階廊下に消火器が転がり、消火剤が散乱しているのを男性牧師(63)が見つけ、110番した。

 玄関ガラスが割られており、葺合署は、何者かが外から消火器を投げ込んだとみて、器物損壊容疑で捜査している。

 発表によると、消火器は安全栓が抜かれた状態だった。

 兵庫、大阪京都、滋賀の4府県では2008年秋以降、プロテスタント系の教会を中心に同様の被害が50件以上、相次いでいる。

オキアミ、素干しでいかが=魚の餌じゃもったいない(時事通信)
<起し太鼓>1000人の裸男が激しく攻防…岐阜・飛騨(毎日新聞)
首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)
<訃報>宍戸隆典さん94歳=元陸将(毎日新聞)
亀井氏「外国人参政権付与は日本滅ぼす」(読売新聞)

手配の男の身柄を確保=長崎・警官2人刺傷(時事通信)

 長崎佐世保市で、警官2人が職務質問した男に刺されて重軽傷を負った事件で、殺人未遂と傷害の疑いで指名手配された住所、職業不詳の神山望容疑者(33)が13日、福岡県警南署に出頭した。同県警は神山容疑者の身柄を確保した。
 神山容疑者は12日未明、佐世保市のJR早岐駅近くの路上で職務質問を受けた際、長崎県警機動捜査隊の川口欣也警部補(49)と川渕圭巡査部長(42)をナイフのようなもので刺して逃走したとされる。 

【関連ニュース
33歳男を指名手配=佐世保の警官刺傷
殺人容疑で男6人再逮捕=バットで殴打、グループ対立か
強盗容疑で28歳男逮捕=290万円奪い6年逃走
手配容疑者、来院したら通報=美容外科業界と協定
手配の男、署訪れ逮捕=知らずに知人の面会に

同居女の長男虐待死に懲役8年=「常習的虐待の一環」−旭川地裁(時事通信)
夏以降も一部で指揮中止=病気療養中の小澤征爾さん(時事通信)
環境未来都市へ、4地域で次世代送電網の実証事業 経産省が選定(産経新聞)
近鉄社員、元日の勤務中飲酒し車庫内を運転(読売新聞)
「大阪都構想」に隔たり、橋下知事と大阪市議(読売新聞)

「御柱祭」が幕開け=6年に1度、諏訪大社−長野(時事通信)

 長野県の諏訪大社で6年に1度の「御柱(おんばしら)祭」が2日、幕を開けた。1カ月の期間をかけ、氏子らが重さ10トンを超えるモミの木を人力だけで、山から約20キロ離れた上社(茅野市、諏訪市)と下社(下諏訪町)にある4カ所の社殿まで運ぶ。期間中は100万人以上の人出が見込まれている。
 運び出される巨木は1本が直径約1メートル、長さ約17メートル。2日からは巨木を山から町中に運びだす「山出し」が始まった。 

<出資法違反容疑>石油輸入販社役員らを逮捕 広島県警など(毎日新聞)
「あるとすれば良い影響」 民主・山岡氏が新党批判(産経新聞)
金づちで上司殴る!47歳不満爆発、社内で待ち伏せ背後から(スポーツ報知)
誤ってアクセル踏み込む? =立体駐車場の車転落事故−大阪(時事通信)
写楽の傑作、35年ぶりにオークションに(産経新聞)

ロック誌高齢化の波 心は熱く目には優しく活字大きく(産経新聞)

 ビートルズやボブ・ディランら欧米のベテランロッカーやミュージシャンの特集記事で人気の老舗月刊音楽誌「レコード・コレクターズ」が、主要読者層の高齢化を受け、4月15日発売の5月号から活字を現在より約10%大きくすることが2日、分かった。「字が細かくて読みにくい」との読者からの要望に応えたという。かつて若者文化の象徴だったロック音楽だが、時の流れには逆らえない?!

 同誌は昭和57(1982)年にミュージック・マガジン社が創刊した。公称発行部数は約15万部。約10年前から、読者ニーズの取り込みに力を入れるため毎年12月号にアンケートはがきを付け、翌年の2月号に読者が選ぶ「再発CD年間ベスト20」や同誌への意見を掲載するなど活用してきた。

 ここ数年、アンケートはがきを送ってくる熱心な読者のほとんどが50代半ば以上で、「字が小さくて読みにくいので大きくしてほしい」という要望が編集部に多数寄せられたという。編集部内で協議した結果、5月号から文字の拡大など大幅な誌面刷新の実施に踏み切ることにした。

 同誌の寺田正典編集長(47)は「編集部内では文字拡大による情報量減少を危惧(きぐ)する声もあったが、レイアウトに工夫を凝らし、減少は最小限にとどめた。実は私自身も最近、老眼鏡をかけて編集作業をしていることも影響しています」と話す。

 今回の同誌の刷新には、若者の洋楽離れやネットの普及による活字離れの影響もうかがえるが、寺田編集長は「ロック音楽が真に革新的で多くの人をひきつけたのは1980年代半ばまでで、そのころにファンだった若者がロック音楽とともに年を重ねている。読者の高齢化は避けられないが、若い世代にも親しめるようなメディアをめざしたい」と意気込んでいる。

 出版科学研究所(東京)の佐々木利春・主任研究員(59)の話「若者の情報源が雑誌からネットに移った昨今、雑誌の読者の平均年齢はどんどん上がっている。今後、若者向けの雑誌は成立しにくい。レココレのような読者の高齢化にきっちり応える取り組みは今後増えていくのでは」

【教育】正義と勇気 「神話」が新鮮 来年度小学1、2年の国語教科書に(産経新聞)
【日本の議論】永住外国人が急増する背景とその実態(産経新聞)
<北九州社長殺害>元従業員を逮捕 死体遺棄容疑で福岡県警(毎日新聞)
雇用調整助成金の不正受給、52事業所で2億(読売新聞)
天気 ようやく春の日差し戻る 静岡など(毎日新聞)

<阿久根市>市職労が庁舎敷地から退去へ(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。