So-net無料ブログ作成
検索選択

携帯注意され線路に突き落とす(スポーツ報知)

 警視庁上野署は26日までに、男性を駅のホームから線路に突き落とし殺害しようとしたとして、殺人未遂の疑いで東京都荒川区の自称運送業・早瀬大介容疑者(33)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は25日午後11時ごろ、電車内での携帯電話の使用を注意され口論となった男性会社員(42)を、JR上野駅のホームから線路に突き落とし殺害しようとした疑い。男性は左脚骨折の重傷。同署によると、2人に面識はないという。

 早瀬容疑者はJR西日暮里駅周辺の飲食店で飲酒し、同駅から京浜東北線大船方面行きに乗車。席に座りながら大声で通話していると、通りかかった男性に「うるさいですよ」と注意された。別の車両へ移動した男性を早瀬容疑者が追いかけ、口論に発展した。

 男性が乗り換えのため上野駅で降りると、早瀬容疑者も一緒に降車し、男性のシャツのえりをつかんで、反対側の山手線外回りの線路に突き落としたという。非常停止ボタンが押され、入線予定の電車はひと駅手前の鶯谷駅で停車した。

 早瀬容疑者は立ち去ろうとしたが、目撃した男性や警備員らに取り押さえられ、駆け付けた上野署員に逮捕された。早瀬容疑者は「もみ合いになった男性を振り払っただけで、殺害するつもりはなかった」と殺意を否認。「(男性が線路に)落ちたことすら覚えていない」と供述するほど酒に酔っていた。

 【関連記事】
突き落とし 殺人未遂 西日暮里 調べる

<偽1万円札>1都6県で151枚使った疑い 3人を逮捕 (毎日新聞)
東武ワールドスクウェア ミニでものっぽ「スカイツリー」(毎日新聞)
【めざせ!ネイル美人】ピンク恋し春(産経新聞)
友政懇偽装献金 首相元秘書、起訴内容認める 初公判(毎日新聞)
「美人すぎる市議」自民が参院比例に擁立検討(読売新聞)

ひき逃げ女米兵「話もできないほど泥酔」(読売新聞)

 沖縄県名護市で16日夜に起きた米軍車両によるひき逃げ事件で、県警は19日、在沖縄米軍に拘束され、飲酒運転を認めている海軍3等兵曹の女(25)について、「話もできないほど泥酔状態だった」と発表した。

 米軍側の依頼で行った飲酒検知では、基準値を超えるアルコール分が検出されており、県警は酒酔い運転容疑での立件も視野に捜査を進めている。

 県警幹部によると、3等兵曹は、事故現場から約10キロ南の同県金武(きん)町でジープ型車を乗り捨て、寝間着のような私服とサンダル姿で歩いていたところを、米軍憲兵隊に拘束された。強いアルコールのにおいがしており、まともに受け答えもできなかった。

 米軍や県警の調べに対し、3等兵曹は「(事故当日の)夕方、基地内の自宅で酒を飲んだ」「車を基地から勝手に持ち出し、飲酒運転した」と供述しているという。自宅は事故現場から約20キロ離れた沖縄市の米海軍キャンプシールズ内で、泥酔状態のまま長距離運転したとみられる。

山手線内回りも運転再開(時事通信)
<窃盗未遂>氏名「忘れた」被告に判決 佐賀地裁(毎日新聞)
インスリン事件「3日続けて計3回」と供述(読売新聞)
生方副幹事長は続投=小沢氏、解任方針を撤回−民主(時事通信)
強風にあおられ男性転倒、後頭部打ち病院へ(読売新聞)

郵政改革法案、内閣バラバラ 亀井氏「決めた」、仙谷氏「再検討」 (産経新聞)

 亀井静香郵政改革・金融相は25日、自らが24日に発表した貯金の預入限度額を倍にすることを柱とした郵政改革法案骨子に、閣内から異論が出たことについて「鳩山由紀夫首相に了承されたから発表した。もう決めていることだ」と反論した。一方、仙谷由人国家戦略担当相は限度額引き上げの再検討を求める考えを示すなど異論が相次ぎ、足並みのそろわない内閣を象徴する事態となっている。

 亀井氏は、鳩山首相が24日に、閣内で議論する必要性を指摘したことについては「まだ閣議決定していないことを言ったのだろう。何か不思議なことがあるのか」とした。ただ「今後閣内であろうと閣外であろうといい意見なら全部聞く」と、微修正には含みを残した。

 平野博文官房長官も記者会見で「原口一博総務相が亀井氏と協議、了承したことは重い判断だ」と述べ、法案概要の大幅見直しには慎重な姿勢を示した。

 これに対して仙谷氏は、「内閣全体の問題だ。ゆうちょ銀行やかんぽ生命保険についてオープンに議論をする必要がある」と指摘。「民間企業や産業に資金を回す仕組みをつくらないと経済が縮む」として、資金運用力に欠ける日本郵政グループの金融肥大化に懸念を示した。

 また内閣府の古川元久副大臣は、郵政改革法案の概要に関し「限度額の引き上げが良いのかどうか相当慎重に議論しなければならない」と述べ、今後政府内での議論が必要との認識を示した。

【関連記事】
「民業圧迫、国民不幸に」竹中元郵政民営化担当相が郵政法案批判
日本郵政「上場は5年以内に」亀井郵政改革相
ゆうちょ銀の限度額2千万円に 「民業圧迫」批判で引き上げ幅圧縮
亀井氏でも郵政ファミリー企業は「必要なければ切る」
政権発足半年 原口総務相「私たちは道半ば」

千葉県警元警部補に有罪=覚せい剤使用「信頼損なう」−東京地裁(時事通信)
平均風速、全国26地点で観測史上最大(読売新聞)
「観念しろ」ひったくりの高校生に一喝 帰宅途中の警察官が逮捕(産経新聞)
「ホワイトデーのプレゼントしたい」=ひったくり容疑で男子高生逮捕−警視庁(時事通信)
高校無償化法案が審議入り=4月から施行へ−参院(時事通信)

黒澤明記念館の建設、再契約へ=寄付金使い込み問題で市長−佐賀・伊万里(時事通信)

 佐賀伊万里市に「黒澤明記念館」の建設を計画している財団法人黒澤明文化振興財団(黒澤久雄理事長、同市)の寄付金使い込み問題で、同市の塚部芳和市長は23日記者会見し、「財団側の対応を見守る」と述べ、誘致を断念しない意向を示した。記念館をめぐっては、市議会などで「資金の流れが不透明で、建設の見込みはない」との批判が出ていたが、市は建設期限などを明確にした上で契約を結び直すという。
 市はこれまで、記念館建設の権利取得や用地造成などで計3億5000万円を負担。誘致断念を表明すれば権利金約1億円が返還されない可能性があり、市長の判断はこれを考慮した結果とみられる。 

鳩山元総務相、同調者確保に本格着手=自民離党を与謝野氏に報告(時事通信)
「トルコ建国の父」の銅像移転=野ざらし批判、修復され和歌山に(時事通信)
当直1人、火の手になすすべなし…7人死亡火災(読売新聞)
DNAで大麻の「種子」判別へ=幻覚成分なくても鑑定可能−石川県警(時事通信)
警察手帳4冊を紛失=退職予定者から預かり保管中−兵庫県警(時事通信)

水俣病訴訟、和解の可能性=国や患者会、所見受け入れ検討(時事通信)

 水俣病未認定患者団体「水俣病不知火患者会」(熊本県水俣市)の約2000人が国や熊本県、原因企業チッソに損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁が示した和解所見(和解案)について、国や県などが受け入れる方向で検討していることが18日、分かった。原告側も前向きに検討、29日に開かれる次回協議で和解成立の可能性が高まった。
 環境省幹部は18日午前、「問題解決に向け、地裁の和解案を軸に検討している」と述べた。
 鳩山由紀夫首相も15日、「(和解案を)十分検討すべきだ。全面解決に向けて努力するとの基本的方針にのっとって検討したい」と発言。水俣病犠牲者慰霊式がある5月1日までに救済手続きを開始させるという政府目標を踏まえ、早期決着を目指す考えを強調した。
 ただ、和解案で示された療養手当や医療費自己負担分などの支給には財政支出が必要なため、政府は財務、環境両省をはじめとした関係省庁間の協議を急いでいる。
 県は、和解案の内容を「重く受け止める」とし、受諾姿勢を表明。蒲島郁夫知事が24日の県議会で正式表明する見込み。チッソは近く役員会を開き判断する方針だ。
 一方、原告側は17日夜、水俣市内で弁護士と患者会の幹部らが会合を開き、和解案について話し合ったが、反対意見は出なかったという。原告側は28日の原告団総会で和解案受け入れの是非を正式決定する見通し。 

【関連ニュース
水俣病和解案、十分に検討=鳩山首相
一時金210万円、国は療養手当=患者認定は「第三者委」
関東の水俣病未認定患者が提訴=国などに賠償請求
水俣病、救済対象者を拡大=和解協議で提案
新潟水俣病訴訟、和解協議へ=国側と話し合う意向

「学童保育」の新しい形 デイケアと統合や進学塾と連携(産経新聞)
中村耕一容疑者 「1年ほど前から覚せい剤使用」と供述(毎日新聞)
小糸工業の小糸会長、会長職を引責辞任(レスポンス)
首相動静(3月11日)(時事通信)
知床のサケ遡上ぐんと増加、段差削りスロープに(読売新聞)

公明 民主との連携、選挙後に視野…山口代表(毎日新聞)

 公明党の山口那津男代表は15日、福岡市で開かれた「毎日・世論フォーラム」(毎日新聞社主催)で講演し、今夏の参院選について「現有11議席維持が最優先課題だ。自らの足場がしっかり固まれば、その後のいろいろな展開が考えられる状況は出てくる」と述べ、選挙後の鳩山政権との連携も視野に入れていることを示唆した。

 また、最近の民主党との接近については「『公明党にすり寄ってきた民主党』との表現が正しいのではないか。公明党は一貫して政策の実現を推進する」と指摘した。【田所柳子】

【関連ニュース
公明党:今夏参院選、他党の推薦せず…自民との協力見直し
鳩山首相:公明・山口代表と会談 政策提言に丁寧に対応
公明党:新代表に山口氏内定
鳩山首相:公明に「配慮」 国会運営、参院選にらみ
党首討論:政策論議置き去り 谷垣・自民総裁、追及に新味なく/首相、公明には配慮も

<普天間移設>与勝沖に人工島案 政府内で検討(毎日新聞)
「その見取り図作成は忘れました」 証人の警察官が正直に“告白”(産経新聞)
<自民党>中期計画に沿って予算編成 財政健全化法案を発表(毎日新聞)
<日米密約>西山太吉氏ら参考人質疑へ 衆院外務委(毎日新聞)
JAYWALKのボーカルを逮捕  路上で覚醒剤所持の疑い(産経新聞)

<空自官製談合>防衛相「絵に描いたよう。びっくり」(毎日新聞)

 航空自衛隊が発注する事務用品の入札を巡る官製談合疑惑について、北沢俊美防衛相は5日の閣議後会見で「絵に描いたような官製談合、びっくりしている」と述べ、再発防止策を検討するよう指示したことを明らかにした。この問題では、公正取引委員会が北沢防衛相に官製談合防止法に基づく改善措置要求を出す方向で最終調整している。

 再発防止策について北沢防衛相は、楠田大蔵防衛政務官をトップに事務次官や外部の学識経験者、法曹界などの協力を得て再発防止策を検討するよう指示したと説明した。

 関係者によると、空自は随意契約だった04年度以前、天下りの受け入れに協力的な業者に優先的に発注。一般競争入札が導入された05年度以降は、天下り先の受注割合を維持するために談合を繰り返した疑いが持たれている。公取委は調達を担当する第1補給処の複数の現職空自隊員が談合に関与した疑いが強いとみている。

 防衛省・自衛隊への納入を巡っては、06〜07年に旧防衛施設庁発注の空調設備工事と土木建築工事で談合が発覚するなど、過去にも談合が繰り返されてきた。【樋岡徹也】

【関連ニュース
準強姦未遂容疑:防衛大学生3人を逮捕 自衛隊・警務隊
無人偵察機:飛行試験中に墜落、海へ落下 防衛省
官製談合:空自で 公取委が改善措置要求へ
ハイチ大地震:防衛省技官が耐震判断 3人、陸自に同行
津波:航空機70機など出動 自衛隊が情報収集などで

「隠し撮り」アカデミー賞映画ベースに 「反イルカ漁」テレビ番組も決定?(J-CASTニュース)
普天間問題、官房長官も米大使も「トラスト・ミー」(産経新聞)
チリ大地震、M8.8に修正=気象庁が再解析(時事通信)
進むボーダーレス化 「開放」か「鎖国」か正念場(産経新聞)
普天間「ゼロベース」で検討=米、沖縄に理解求める−鳩山首相(時事通信)

<トランスデジタル>社長ら4人再逮捕 9億円架空増資容疑(毎日新聞)

 ジャスダックに上場していたIT関連企業「トランスデジタル」(東京都港区、民事再生手続き中)が経営破綻(はたん)直前に約9億円の架空増資をしたとして、警視庁捜査2課などは8日、同社社長の後藤幸英容疑者(44)や健康食品販売会社役員、黒木正博容疑者(44)ら計4人=民事再生法違反容疑で逮捕=を金融商品取引法違反(偽計)などの容疑で再逮捕し、新たに同社元役員、西村幸浩容疑者(43)を同容疑で逮捕した。

 旧グッドウィル・グループの企業買収を巡る脱税事件で起訴された投資会社元役員、鬼頭和孝被告(35)についても架空増資に関与したとして逮捕状を取っており、9日にも逮捕する。

 逮捕容疑は、08年7月に第三者割当増資で調達した約17億円のうち、約9億円は見せかけだったにもかかわらず、投資家に増資完了を公表。さらに、資本を約10億円から約19億円に増強したと虚偽の登記をした疑い。

 警視庁は、増資の受け皿になった「TD戦略投資事業組合」を実質運営していた鬼頭被告と、トランス社を実質支配していた黒木容疑者の2人が架空増資を主導したとみて、証券取引等監視委員会と合同で増資の経緯などを調べる。

    ◇

 東京地検は8日、後藤容疑者ら5人を民事再生法違反で起訴した。【酒井祥宏、川崎桂吾】

【関連ニュース
トランスデジタル:元役員逮捕 架空増資容疑
民事再生法違反:トランス社、増資の一部は架空か
民事再生法違反:容疑のIT会社社長ら6人逮捕 警視庁
民事再生法違反:容疑のIT会社元副社長らを逮捕 警視庁
民事再生法違反:特定債権者のみに弁済 容疑の数人逮捕へ

首相動静(3月4日)(時事通信)
北教組事件 小林議員地元入り 進退「確認のうえで判断」(毎日新聞)
インフル患者5週連続減、注意報地域は増加(医療介護CBニュース)
普天間移設 ホワイトビーチ沖合案が浮上(毎日新聞)
<雑記帳>10年前のさい銭ドロを謝罪し返金 宇都宮(毎日新聞)

<行政刷新会議>民間議員に吉川広和氏 稲盛和夫氏の後任で(毎日新聞)

 枝野幸男行政刷新担当相は9日の閣議後会見で、政府の行政刷新会議の民間議員として、吉川広和DOWAホールディングス会長(67)を充てる人事を正式発表した。京セラ名誉会長で日本航空会長の稲盛和夫氏が、民間議員を辞任したのに伴うもの。11日付で就任する。枝野氏は「過去のしがらみにとらわれずに破壊的改革に取り組み、業績の大幅な回復を実現した。改革を阻むさまざまな壁を壊すために会社風土の改革にも強いリーダーシップを持って取り組まれた」と吉川氏を評価した。【影山哲也】

【関連ニュース
行政刷新会議:民間議員に吉川広和氏内定
内閣特別顧問:稲盛和夫氏に辞令
内閣特別顧問:日本航空会長の稲盛和夫氏を任命…政府
日航:「社員に危機感ない」稲盛会長がリストラ強調
稲盛和夫氏:日航再建担う無給の会長 既得権を嫌う

首相動静(3月5日)(時事通信)
与謝野氏、谷垣総裁辞任を要求…新党結成も視野(読売新聞)
介護事業、増収傾向続く―大手4−12月期決算(医療介護CBニュース)
<琵琶湖文化館>休館中なのに寺社から寄託相次ぐ 仏像盗難防止も(毎日新聞)
反対決議「自然な流れ」=谷垣氏(時事通信)

寝たきりの79歳妻、夫に首絞められ重体(読売新聞)

 28日午後11時45分頃、「首を絞められた女性を治療している」と、愛知県西尾市内の病院から110番があった。

 女性は同市長縄町玉屋、無職石原かずこさん(79)で、意識不明の重体。西尾署が同居している夫(83)から事情を聞いたところ、首を絞めたことを認めたという。同署は、殺人未遂事件とみて、さらに夫から詳しく事情を聞いている。

 発表によると、かずこさんは夫と2人暮らしで、約1年前から腰が悪く、自宅で寝たきりの状態だった。この日、近くに住む家族が、かずこさんが自宅で倒れているのを発見し、救急車で病院へ運んだ。家族はこの際、病院関係者に「介護を巡るトラブルがあった」などと説明したという。

放火予備で灯油持ち歩きの男逮捕 周辺で不審火、関連調べる 東京・東村山(産経新聞)
<官房機密費>「使途解明は困難」答弁書を閣議決定(毎日新聞)
「重症患者引き受ける体制を」=搬送拒否で裁判長付言−遺族請求は棄却・大阪地裁(時事通信)
小泉進次郎氏、世代交代訴える(スポーツ報知)
走行中「のぞみ」車内に煙充満、車輪付近から油(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。